わたしの花道

リストカットやうつ病経験からメンタルヘルスについて書いています

リストカットしたくなったらとりあえずやってほしい2つのこと

久しぶりに地の底まで落ち込んでリストカット衝動に駆られたので書いておきます。

 

ひどい時は1日に何十回と切っていたのですが、要因排除とリストカット衝動が起きるメカニズムを自分なりに理解したことで、リストカット衝動に駆られてもなんとかなる2つの行動を見つけました。

 

切った後ってみんな大なり小なり後悔して、もうやめようって思うんですよね。

 

でも、また切ってしまう。ループにはまって抜け出せない感覚に絶望する。

 

でも、大丈夫です。ちゃんとリストカットしたくなっても踏みとどまれます。

 

わたしが証拠です。

 

順番に解説していくのでお付き合いください。5分で読めます。

 

 

リストカット衝動が起こるメカニズム

 

本当はリストカット衝動に駆られる様な要因を根本から排除することが一番大切だったりするんですけど、これを読んでくださる方からしたら「そんなことはわかっているが、すぐにできないんだ」という感じだとおもいますので、ひとまずはこちらから。

 

死にたくないのになぜリストカットするのか。

 

何百回と議論されてきたことですね。血を見たいだとか安心するんだとか、いろいろあります。

 

私が頻繁にリストカットしていた時も「別に死にたいわけではなかった」です。

 

私の場合は「つらい」とか「しんどい」みたいな強い感情でいっぱいになった時に「切りたい」って思うことが多かったです。

 

「切りたい」んだけど「傷が残ると面倒」「血が止まらなくなるのも困る」といった具合にある意味でとても冷静でした。

 

つまり、自分ではどこにもやりようのない感情(私でいうつらいとかしんどいとか)を一時的に紛らわすために切っていたんです。

 

このパターン、意外に多いんじゃないかなって思います。

 

で、心療内科に受診した時にちょっと聞いてみたんです。

 

そしたら「リストカットすることで分泌されるホルモンがある」ということを教えてもらいました。

 

それ、なんて呼ばれてると思います?

 

「脳内モルヒネ」って呼ばれてるんですって。

 

モルヒネって医療行為で使われる麻酔のことです。

 

で、この「リストカットしたときに出る脳内モルヒネ」の濃度(強さ)は病院で使われるものよりはるかに強力なんです・・・。

 

自分が抱える感情、つまりストレスを紛らわす手段としてリストカット(脳内モルヒネが分泌される行為)をしてたんですよ。

 

ここまで聞いた時「そりゃあ、やめられないし、衝動を抑えるのも大変だ」ってすごい納得しちゃったんです(笑)

 

だって現状そのストレスから逃げる手段として一番手っ取り早くて簡単なのってリストカットな訳ですから。

 

でも、大丈夫。リストカットはやめられるし、衝動にも負けなくなります。

 

ただ、根性論ではないです。

 

ので、もし、「自分の子供がリスカしてる」っていう親御さんが「リスカをやめさせたくて」この読んでいたら「根性論」で説得するのも「リストカット行為を責める・怒る」ことも金輪際やめましょう。

 

リストカットは当該者からすれば医療で言えば「手術に麻酔が必要」なレベルなんです。

 

それを「頑張れば麻酔なしでも耐えられる」と言っている様なものです。

 

まずはなぜリストカットを行ってしまうのかというメカニズムを「脳の仕組みとしてストレスから逃れるため」だと理解してください。

 

共感まではできなくてもいいです。まずは理解です。

 

リストカット衝動に耐える方法

 

では、ここからはリストカット衝動に耐える方法をお話しします。

 

リストカット衝動が起こるのは「耐えられないほどのストレスから逃れるため」だという事は理解できたと思います。

 

でも、「切りたい」って思うタイミングはやってきます。私も今でもそうです。

 

当時と比べれば、かなり回数は減りましたけどね。

 

で、その衝動が起きた時にどうするべきか。

 

部屋を最大限明るく賑やかにする

 

人は、というより人の脳は、抱えるストレスから自らを守るためにリストカットします。

 

そういう時に頭に浮かぶのは「リストカット」のことばかりなんです。

 

でも、まずは部屋の電気を一番明るくしてください。

 

で、テレビでもパソコンでもケータイでもなんでもいいので、音楽とか人の声とか音が流れるもののスイッチをつける。

 

耳や目から否応無しに情報が入る様にします。

 

私の場合は仕事や学校に行きたくなくて、夜中に自室で1人、真っ暗な布団の中でリストカット衝動に駆られることが多かったです。

 

部屋を明るくして賑やかな状態にする、たったこれだけでリストカット衝動が収まることも結構あります。

 

家族に迷惑をかけるだとか思う人もいるでしょう。

 

そういうことが考えられる、とっても優しくて真面目な性格だから、ストレスへの対処法としてリストカットに行き着いてしまうんですよね。

 

そういう時は、ヘッドホンとかで音を聞きましょう。

 

賑やか、というのは自分の耳に音が聞こえればそれで良いのです。

 

環境もですけど、何か他のことをするっていうのは結構大事なんです。

 

でも、「切りたい!」ってときに他のことなんてできないんですよ。

 

なので、部屋の電気をつけて、電気製品の電源をかたっぱしからつけるっていう行動をします。

 

腕を握って10秒息を止める

 

明るくて賑やかになって一旦は衝動が引いたとしても、しばらくすると不完全燃焼のような感じでリストカット衝動に襲われることがあります。

 

そんな時に私がしていたのが、「腕を強く握って10秒息を止める」ことです。

 

これについてはきちんとした理由はわからないんですけど効果的でした。

 

10秒間はテレビやパソコンから聞こえてくる音に集中してくださいね。

 

なんでもいいです。私は音楽を流していたのでひたすら頭の中で歌詞を唱えました。

 

リストカット衝動って長く続かないんですよ。

 

だから、意識的に別のことを10秒考えればその間に収まります。

 

私はこの2つでリストカット衝動ときちんと戦える様になりました。

 

なんとかしたいと思う親御さん・周りの方へ

 

なんだかおもったより長くなってしまいましたが、私なりのリストカット衝動と戦う方法を書いてみました。

 

未だにリストカットを根性論でなんとかしようとする方がいます。

 

なんともなりませんよ、まじで。

 

リストカットをするお子さんへなんと声かけして良いものか、と思うでしょう。

 

どうしてそんなことをするのか、とも思うでしょう。

 

でも、「どうして切るの」だとか「切ってはダメ」だなんて言わないでくださいね。

 

そんなことはこちらだって分かっているんです。

 

「なんとかしたい」と思うのならば「切らないで済む具体的な方法」を話しましょう。

 

よい方向へ向かいます様に。

 

 

 

新社会人の皆さんは頑張らなくて良いのです

春だなあと、駅に溢れる新しい顔ぶれを眺めて思いました。

 

もうそろそろ、会社だるいなって思う頃でしょうか。

 

それでいいと思います。

 

会社は楽しくなくていいし、やりがいとかモチベーションとかも低くっていいです。

 

私は、頑張って頑張って頑張って気がついたら戻れないところまで行ってしまって、人並みの生活を取り戻すのに苦労しました。

 

その辺のことは、まあ過去記事でもみてください。

 

www.hanamichi.work

 これ、当時すっごい反応もらって「こんなにたくさんの人が病んでんだな」ってめちゃくちゃびっくりした記憶があります。

 

仕事で病むのが普通なのやだなーって思うんですけど仕組みが変わらない以上、私みたいになる前に辞めるとか逃げるとかしないとダメなのかもしれません。

 

ちなみに私は未だに、介護の仕事をしていた時の担当さんの命日になると夜勤をする夢を見ます。

 

職場の近くを通ると動悸もします。

 

新社会人の皆さんはどうかこうならない様に。

 

頑張ってはいけません。

 

ポジティブな気持ちで前向きに頑張ろう!と思えたとしてもそこそこで良いのです。

 

新人は頑張るものだと言ってくる上司がいたとしても、そんなのはいいです。

 

もしも、楽しみだったはずの予定が楽しみに感じなくなってきたら、ちょっと休憩が必要かもしれません。

 

どうか、新社会人の皆さんが緩やかに社会の坂を登って行けますように。

 

ちなみに私は半ば登ることを諦めて(笑)今に至ります。

 

普通を追い求めたはなし

私は、小さい頃から普通になりたかった。

 

集団生活が上手くやれている他のクラスメイトの様になりたかった。

 

いじめられない学校生活が欲しかった。

 

1年3年5年となにか一つのものを続けれる人になりたかった。

 

周りが当たり前に行えることが何もできないと強く感じるのが学校だった。

 

自分は平均以下なのだと思った。

 

保育園の頃、絵を描くことが好きだった。

 

でも、なにひとつとして評価されない自分の絵はダメなんだと思った。

 

文を書くことも好きだった。

 

でも、読書感想文だとか、生活作文だとか、主張文だとか、そういった分かりやすい評価はもらえなかった。

 

好きなだけでは何にもならないのだと悟った。

 

なにか特別優れているわけでもなく、友達も少なく、なんなら集団生活が吐くほど苦手だった。

 

平均以下の私は、平均以下であることを隠さなければと思った。

 

せめて、平均にみえるようにあらねばと。

 

わたしから見える世界では、周りの人が普通でわたしだけ異常だった。

 

コンプレックスと劣等感を抱えたまま、大人になった。

 

大人になったら、普通になれると思っていた。

 

平均以下のわたしだからと、がむしゃらに働いた。

 

そうしたら、体も心も壊れた。

 

周りの人は、どうして、頑張らなくても普通になれるの。

 

勤務先が1年以上同じだったことはない。

 

理由は、まあ、このブログに書いた様なこと。

 

わたしは、要領よくいろんなことを進められない。

 

忘れっぽいし、よくパニックにもなる。

 

派遣の事務で首をつなげてきたけれど、向いていないと感じる日々だった。

 

新卒の子が入ってきて、いとも簡単に仕事をこなす姿を見た時に、やっぱりわたしは平均以下なのだと認識した。

 

どうしてわたしはこんなにも不出来なのだろう。

 

わたしの作った書類は不備が多いと怒られたことも、手順を覚えられずにパニックになったことも、もう両の手では収まらない。

 

でも、これらを他人に相談すると「みんなそんなもん」なのだという。

 

そんなわけないだろうと思うけど、理解されないので黙る。

 

ミスしない様に集中しようとしても、コピー機の音・電話の音・人の話す声・・・全てが無限に耳に届いて気がつくと意識が持っていかれる。

 

でも、これも相談すると「みんなそんなもん」と言われるのだ。

 

職場ではいつも息がしにくい。

 

「普通の人」の世界に平均以下の私がいるせいだろうか。

 

周りの人の様に、自分に自信を持ってみたい。

 

堂々としたい。

 

分不相応なのはわかっていても、ついそう思ってしまう。

 

でも、具体的な方法はわからないから思うだけでおわる。

 

こんなことは知り合いに知られたら恥だと思った。

 

でも、他の記事もだけど、ここには書けた。

 

他人は平気だ。私のことを知らないから。

 

他人しかいない世界に行きたい。いつもそう思っていた。

 

もし、私みたいに仕事ができないと落ち込む他人がいたとして。

 

この記事を読んで下には下がいたと思ってくれたらいいなあなんて思う。

心療内科で出された薬を服用して事故って車を廃車にした話

久しぶりにブログを見返したら、下書きに眠ったままの記事を見つけたのでアップします。

 

この事故から2年くらい経ってますが、今でも車の運転が怖いです。

 

心療内科で出される薬」も怖くなって飲めない始末です。

 

ということで、こういうことが起こるかもしれないから「バカスカ薬を出す病院には注意」ってことと「運転する時はまじ注意」っていうお願いです。

 

職場云々は2年前のことなので今はもう違います。

 

では、以下は当時の私が書いたものそのままです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

みなさん、こんにちは。

 

この手の病んでる話題はもう更新しないつもりだったんですけど。

 

転職先でまた性懲りも無く心を病み、心療内科のお薬の力を借りたところ、タイトル通りになりました。

 

とにかく怖かったので書きます。

 

心を病んだ理由は、若手いじめ的なものの対象になったから。とだけ。

 

職場にいると下痢や吐き気、動悸がひどく、 夜は何度も起きてしまい、それが辛くて以前かかっていた心療内科に再度受診しました。

 

そのときに、寝る前に飲むものとして5種類の薬を処方されました。 (4種類が精神安定剤、1種類は整腸剤) この、4種類の精神安定剤というのが原因でした。

 

全てに「めまいや眠気を起こす場合がある」という記載がある薬だったんです。

 

軽く説明は受けていましたが、以前飲んだことのあるものだし、大丈夫だろうと思ってたんです。

 

これが、甘かった。

 

飲んだ次の朝、とにかく起きれなかった。

 

体は起きていても、脳は寝ている。

 

でも、仕事に行かなくては。薬を飲んだから大丈夫。

 

そう思って、車を動かしました。 そして、事故りました。

 

事故ったとき、ひどい頭痛で話せず救急車を呼んでもらいました。

 

救急隊の方が驚いて機械の不調を疑うほどに血圧が低く、事故したときの反動で痛くなったシートベルトが当たっていたところよりも、そっちを心配される始末。

 

何度も何度も血圧を測り直されました。

 

病院に着いてからも血圧は上がらず、頭痛も治らず。

 

やっとこさ精神安定剤を服用していることを伝えると、それでこんなにも低いんだねと。

 

どのくらい低いのか具体的な数字は聞きませんでしたが、看護婦さんが引くくらい低かったです。

 

なんとか落ち着いて、家に帰ってから死んだように寝るとやっと脳がすっきりしました。

 

車は廃車になりました。

 

相手がいる事故を起こしてしまったことが申し訳なくて、情けなくて、怖くて。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

はい、尻切れとんぼですが。こんな感じです。

 

いやー、未だにぶつかった時の記憶はフラッシュバックするので本当にしんどい。

 

もう通勤に車は使っていません。

 

良い効果をもたらすために飲んでいた薬でこうなってはマジでなんの意味もないです。

 

心療内科にも薬にも縁がなくても読んでくださった方は、こういうやついるんだなって思ってください。

 

ではまた。

 

先生、嘘をつくのはいけないことですか。

 

私は、嘘をついています。

病気になったこと、仕事を辞めたこと。

新しい勤め先も、すぐに辞めてしまったこと。

何かあると、腕を切りたくなること。

 

いろんなことを嘘で隠して生きています。

 

 

先生、嘘をつくのはダメと教わりました。

 

でも、私は嘘をついています。

嘘で隠せば、外を歩けるようになるからです。

嘘で隠せば、何も知らない友達とも遊べるようになるからです。

嘘で隠せば、家の外でも息が出来るからです。

 

何もかもすべて話せる人もいます。

でも、そうでない人もいます。

 

そうでない人とも、遊びたい。話したい。

だから、私は今日も息を吐くように嘘を吐き、

周りと同化しています。

 

私は、自分のことを異常だと思っています。

だから、嘘をつくことが止められません。

自分の中の普通じゃない部分を隠したいからです。

 

以前親に、今の自分の状況に嘘をついてはいけないと言われました。きっと、認めなさいという意味だったのだと思います。でも、私は、嘘をつきます。私は私を認められません。

 

 

普通でいい。ずっとそう思って生きてきました。

だから、普通でなくなって、どうしていいか分かりませんでした。普通のふりをするのが精一杯でした。

普通のふりをするには、嘘しかありませんでした。

 

私は今日も嘘をついています。

笑って、平気で嘘をついています。

嘘ばかりついているから、幸せが逃げるのでしょうか。

でも、私にはまだ、生きるのをやめる決心はつかないので、嘘をつく自分に絶望しながら、それでも嘘をついて生きていきます。

 

 

先生、嘘をつくのはいけないことですか。

私は、人間です。

 

ここから先の文章は貼り付けてある2つの記事に関連しており、読んでいただかないと意味が伝わりにくい部分があると思います。

 

また、2つの記事同様に、バイオレンスな表現を用いた文章がありますので苦手な方は、どうぞ見なかったことに。

 

 

19歳のジャニヲタ介護職員が統合失調症と診断されるまで。 - わたしの花道

 

19歳のジャニヲタ介護職員が統合失調症と診断されてから。 - わたしの花道

 

 

もともと、最初の診断では1ヶ月の休職でした。

 

なので、2度目のカウンセリング後、職場の統括主任から出る話題は「勤務表」「全部休みにしておいて、出れる日に出てもらうか、逆に、勤務を入れておいて無理な日は休んでもらうか」といった、休職扱いが終わったその日から私が復帰することを前提としたものばかりでした。


休むことを前提に話す人などいない、そう言われてしまえばそうです。その時には「まだ介護現場に復帰しようとは思えません」そう伝えました。

 

そして数日前の3回目のカウンセリングでもう1ヶ月の休職が決まりました。

 

前回の統括の言葉が耳の奥で反芻し自分で勝手に休職扱いが終わる日までのカウントダウンをしてしまっており、毎日が憂鬱でとても前向きに仕事場に行こう、とは思えないとカウンセラーのおばちゃんに伝えたところ「じゃあ、診断書だしましょうかね。これがあれば会社の人、なーんにも言えないからね」と優しく笑ってくれました。

 

飲む薬は、少しだけ量が減りました。目に見える形で前に進めた、そう思いました。

 


カウンセリングが終わったら職場に連絡をいれると統括と約束していたので、休職が1ヶ月延びたこと、休職扱いが終わってしまう日をカウントダウンしてしまい、すごく憂鬱になったといったことを伝えました。

 


すると統括は「カウンセラーの人からはいつから復帰するとか話しはでてないの?」「まだ未定なの?」「仕事に対してはどう?」など、私が話したことを聞いていたのか聞いていなかったのかわからないような質問を投げかけてきました。


私は、せり上がってくるなにかをこらえながら必死に「まだ休もうとしか言われていない」「未定です」「介護現場は怖い」と正直に伝えました。

 

それに加え、私が勤めている施設のユニフォームは半袖で腕が丸見えになり「どれだけ傷が綺麗になっても、知らない人から見たらわからないくらいになっても、私には汚い腕に見える」とも伝えました。

 

それに返事ともとれるかわからないボリュームでうんうんうなったあと書類やお金関係の話を少ししました。

 

そして、「じゃあ、次にカウンセリングしたらそのときまた連絡くれる?」といい、私は、一生懸命息を吸いながら、なんとか、返事をしました。

 

 

そこから、弟をカラオケに送って行きました。そこまでは、記憶があります。

 

でも、家に帰ってきて、息がうまくできなくて、気がついたら、不燃ごみに捨てたはずのカッターを持ってトイレにいました。


なんの戸惑いもなく、私はカッターを太ももに当てました。痛かった。痛いのに、手は止まりませんでした。


日に焼けない太ももの内側は白く、柔らかく、腕よりも簡単に血が滲みました。

 


なんの涙かわからないけれど、止まりませんでした。

 

統括と話していた時にせり上がってきたものがまた上がってきて、たまらず母に電話をしました。電話では解決せず、私は逃げるように寝ました。

 

泣いているときは、心が最高潮に沈んでいるときは、死んだように眠れるのです。起きて、家事をしていた母にまた、抱きしめてもらいました。

 

上がってきていたなにかは、すっかりなりを潜めていました。

 

それから数日後、私は髪の毛をピンク色にしました。

 

職場の人の記憶にある自分から変わりたかったのです。

 

一言で言えば、変身したかった。小さい頃憧れたプリキュアのように。セーラームーンのように。変身して強くなりたかった。

 


そして、ピンクに色付いた自分の髪を見ているとき、あの時せり上がってきたものがなんだったのか気づきました。

 

「私は、車じゃない。人間だ」という、その思いに気づきました。

 

車のように走れなくなったらガソリンスタンドで給油して満タンにしてもらえば、してもらった瞬間から何キロも走れるような機械じゃないんだ、と。

 

あの時は言葉にできなかったけど、私はそれを言いたかったんだ、と。

 


わかっている口ぶりで、根本的なそこが分かっていない統括主任に悲しくて悔しくて泣いていたんだと。

 


人間にも、たしかに給油タンクはあるとおもう。

 

でも、いっぱいになるのにかかる時間も、タンクに入れる燃料も違うんだよ。タンクが壊れて、治すところからはじめなきゃの人もいるんだよ。

 

人間だから、部品みたいには取り替えられないんだよ。

 


どうして、人を使う立場のあなたがそれを、わかっていないの。

 


一番最初に休職がきまった時、統括が私にかけた言葉は「ゆっくり休んで」でした。

 

私はこの言葉であなたの下にいるのは機械ではなくて人間なんだと、わかっていると思っていました。でも全くわかっていなかった。

 

心が疲れてしまった経験のない人にわかれと言うほうが難しいのでしょうか?


私は、私たちは、生きている人間です。
あなたの家族も人間です。
あなたの先輩も部下も、会社の社長も、人間です。
取替え用の部品は、発注できません。


だから、壊れて、治すことになる前に休んでください。休ませてください。
目一杯休んで、仕事に、学校に、いこうかな、そう思えたら、動き出しましょう。

 

それでは、お粗末さまでした。